今日 初めて永久歯を抜くことになった。
人生80年というときに、40代で歯を抜くということに非常に抵抗があったが、土台がかけており修復不可能とのことで覚悟を決める。すでに2週間前から宣告されていたが、引き伸ばすと「オソロシ〜ィことになりますよぉ」と脅され泣く泣く予約をとっていた。この状態の歯が2本。とりあえず今日は1本目。
 気を紛らわすためカーショップに切れた超TERA6500のポジション球を買いに行く。1個でいいのに超TERAは2個ペア、しかも値段が8500円以上。以前はポイントでゲットしたため気にしていなかったがこんなに高かったのか。いまさらなので他のLEDバルブを見てみた。
 2個ペアで3000円くらいからあるが、さすがに超TERAの明るさと色合には及ばない。ふと見たらウインカーポジションキットなるものがあった。工賃を入れても超TERAより少し奮発するだけ。法的には既存の超TERAを断線しないとならないがどうせなら少し変わっていていいと思い取り付けを頼んだ。
 しかし日曜のせいか夕方になってしまうという。歯医者に間に合わなくなるので断念。とりあえずやすいオレンジのウェッジ球を当面のごまかしにと購入。
 
 帰宅して歯医者まで3時間あるのでバルブ交換と、タイヤ交換をする。
今年ははき潰そうと考えていたスタッドレスだが、急に気が変わり夏用タイヤに交換したくなった。(歯医者へいく恐怖への重圧からだな…苦笑)
 バルブ交換、これは簡単…のはずが、バルブコネクターを開けた瞬間、バルブがポロリ。レンズの中に落ちてしまった。ピンセットでも針金にガムテープを巻いても取れない。しょうがないからとりあえずレンズの中に入れっぱなしで新しいバルブを装着。反射板に傷がつかないことを祈る。
 まだ2時間あるのでタイヤ交換をする。?アルミ5年前までは年2回のタイヤ交換は必ず自分でやっていたが、現在の駐車場になって斜度がついているためか、一度ジャッキを倒してしまい、あわや大惨事になりかけた恐怖からショップに任せていたが、縁石を利用しお蔵入りしていた油圧ジャッキで再チャレンジ。何とか無事に終了。
 ところが付け替えたホイールに赤いペイントが……ふと痛みが走り気がついたら手が血だらけ。気張っていて気づかなかったが爪が割れてかなり出血していた。とにかく手を荒い消毒。いてぇ。
 とんだ災難だが時間が来たのでとりあえず歯医者へ……
「今日は体調は大丈夫ですか」といわれたので手を見せる。「あら、痛そうね」とひと言。かわいい顔してこの先生やる気だ。まぁ美人先生ならいいかと思いきや、すぐに男先生にチェンジ。「やぁ来たね」、この先生この間脅かされた先生じゃないか……。もはやこれまで。覚悟を決める。
 
 抜歯自体は麻酔でおこなうので痛みはない。ただ上の歯をがりがりやるので頭には響く。歯が抜かれたくないと最期の抵抗を試みているようで、なんともやるせない。
 抜けてみると歯はすでに粉々。元々割れているので抜くことになったのだが、子供の乳歯と違い血みどろの歯の残骸を後生大事に持ち帰る気にもならなかった。後もう1本同じ症状で抜かなければならないのかと思うと泣けてくる。
 
 明日への希望として、とりあえずショップで見たウインカーポジションキットを近々つけてもらうか……。そのときついでにレンズの底の切れた超TERAバルブを取ってもらおう。
 などと、他人様からは全くどうでもいいようなことを止め処もなく、抜歯の痛みをこらえながらいま綴っている。

にほんブログ村   車ブログへ
にほんブ ログ村
 にほんブログ村 車ブログ ミニバンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村