スー豊洲市場2パービバホーム豊洲にお買い物のついでに、久々に豊洲市場を通ってみた。
おやじが駆け出しの営業マンで清掃車の埃にまみれたこの地域を回っていたころ、ここには東京電力の発電所や東京ガスのガス工場があった。
工場閉鎖後、ここは東京でも数少ない広大な荒野『OUTBACK』が残った。ここが福島第一原発の放射性残土なんて問題にならないほど有害な土壌だってことはわかっていたことだから、市場はきっと来ないと思っていたら、気が付いたらあっという間に突貫工事で作ってしまった。



今、豊洲市場1OUTBACKほんの名残り話題のスポットだから報道関係など結構いるのかと思ったが、ほとんどが工事関係者と警備員だった。世間の騒ぎには関係なく、末端の工事は進んでいる。
土壌汚染と地盤の問題は計画以前から指摘されていることだった。まあ、『何をいまさら』って感じだ。
いっそのこと福島県で処理に困っている放射性残土で地下を埋め戻したらどうだろう。今豊洲が抱えている危険性から比べれば遙かに安全である。


豊洲市場豊洲全景っかくだから高いところから眺めるのもいい。レインボーブリッジまで足を延ばす。
本当に東京港のど真ん中だね。
少し傾いている?きちんと岩盤までくい打ちしていないのかな‥‥??





東京タワー京に飲み込まれそうになっている東京タワー。最近よく遊びに行くが、テレビ局の放送料収入がなくなって、経営はきついんだろうな。
おやじが生きている間は頑張って立っていてもらいたいものだ。






足かせ付パネル写真のエントランスのところに、橋ができたころのパネルがあった。自分が記憶にあったのは昭和60年くらいまでだが、工場は平成になってもあったんだね。
本日のお供は『SOMA嵯峨』。レインボーブリッジは足かせをはめられて押し歩きである。




やっちゃ場りは築築地市場地を通る。『築地』といったら『魚河岸』のイメージだけど『青果』もやっている。
以前は、アキバにもやっちゃ場(居酒屋じゃないぞ)があった。ここのが近いのだろうが、大田市場に移転統合になった。





勝鬨勝鬨橋橋を渡り、何時も『ないとらん』で写真を撮るお気に入りのスポットで昼間の写真を撮る。勝鬨橋は今でこそ個性的に隅田川を彩る橋の一つに過ぎないが、開通当時は『東洋一』を誇った大跳開橋だった。幼いころ、この橋を路面電車で通った記憶があるが、残念ながらこの橋が開いているのを見た記憶はない。






お気昼間の夜景に入りのスポット。夜景がとてもきれいなところである。
高層ビル群の照明と奥の東京タワーのライトアップ。その手前で煌々と明かりがともって活気のある市場。
その明かりも消えてしまうのは残念。
今回はラッキーにも卑弥呼との2ショットとなった。
奥には外堀通りから伸びる環状2号の築地大橋が見える。でもこれって築地市場が移転しないと開通できないの?。
頑張れ築地。移転なんて蹴っ飛ばせ。
豊洲移転でまごついているうちに、千住の『足立市場』が虎視眈々とその地位を狙っているぞ。

本日の走行 26km 
岩槻以来自転車に乗るのは40日ぶりである。これだけのブランクは病気療養以来だ。

10月1日訂正
あの船は『ヒミコ』ではなく『ホタルナ』であるというご指摘を受けた。
そういう姉妹船があったんですねぇ。同じ松本零士氏のデザイン。似ているわけだ。
お詫びして訂正します。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村