mv_titleの気配を感じるようになると、そろそろサイクルモードが気になってくる。
今年も11月4日(金)〜6日(日)の3日間で開催される。

http://www.cyclemode.net/

懐古趣味ではないが、新しい車がとても異様でグロテスクなものに見えてきてモーターショウに興味がなくなってから十数年経つ。代わって足を運ぶようになったサイクルモードもすでに6年た経つ。

すでに自分のバイクも自転車史の過去の1台になって久しいが、車と違って自転車はパーツの組み換えでオリジナルを作ること、古い仕様を新しい潮流へ乗せることの簡易度は車の比ではないことが唯一の救いであるといえる。
そんなわけでサイクルモードも主眼点は自然とパーツになる。

出展者はまだ未定のようだが、2015年は正直期待外れで、早々に引き上げてしまった。今年も休みが取れれば行きたいとは思うが、出展者をよく見ていかないと、当然出展しているだろうと思っていたブランドやメーカーがなくてがっかりするのは嫌である。
1坪くらいで一人がぽつんと座っているブースはともかく、そこそこのスペースを構えてブースづくりをすると経費としては最低でも数千万はかかるはずである。自転車業界の中小企業では決して安い出費ではないだろう。
ベンチャー的企業が多くなっているのは、自転車の多様性とも言えなくはないが、

モーターショウはその時々でけん引役が替わってくる。スポーツカー・4駆・SUV・ミニバン・コンパクト・エコカーなどなど。その時の人気マーケットが他を圧巻し隅に追いやってしまう。
自転車ショウはそのけん引役は常にロードバイクである。もちろんフォールディングやクロスバイクがブームになった時はある。しかしそれらがロードバイクを圧巻したことはない。
最近はシクロの盛り返しや、コンフォートタイプ・グラベルロードの台頭などアンチバリローには結構楽しいネタも増えてきたことが唯一の救いか。

i_event_03ベント紹介で『シックスホイールスタイル』なんてのがあるようだ。
親父には数年前から当たり前のサイクルスタイルだが、昔は雪山や海に行きもしないのに、スキーやスノボ・サーフボードなんて積んだ『シティー〇〇』なんてのがいっぱいいたよね。今後はサイクリングにもいかないでピカピカロードを屋根に積んだ『シティーサイクラー』なんてのが街中に氾濫するのかな。
うちの空母は700Cをそのままラゲッジに放り込めるから、ハッチを開けなければ自転車積んでるなんて見えないし、天井を気にすることもないが、なれないシティーサイクラーをやるひとはファミレスやショッピングモールの入り口には注意しようね。

スポーツバイクに興味のある人は一度は見に行くことをお勧めするが、モーターショウ感覚ではいかないほうがいい。パンフレットは『もらう』んではなく『買う』のですよ。

まあ、サイクルモードは早々に切り上げ、帰りに船橋辺りでワイズとセオサイクルを見て、さらに足を延ばしてジャイアント・トレーク・スペシャライズドのコンセプトストアまで回ったら、初めて「自転車ショウを見てきました!」って言えるのだろうか。
空きブースが増えるのならその分会場内にサイクルカフェでも作ってくれるといいんだけどね。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村