やはり大洗海岸2この時期になると海が見たくなる。

『Premonition of Summer』を流しながら海へ向かう。

6月から7月初旬の梅雨の合間。大洗海岸のはずれに車を止める

初夏の海水浴客でごった返す前の海はいい。

但し、厚い雲に覆われた空は『夏の予感』とは程遠い。

サイクリストにとっては直射じりじりよりはいいが‥‥

大洗海岸1沿いの駐車場。だがここが目的地ではない。今の時期、バーベキューや釣り人くらいしかいない駐車場で、わがコンテナから出てきたのは周囲からは明らかに異端なMR−4。これから海とは逆に丘を目指す。

 

今回の目的は茨城県最大の舟塚山古墳に次いで県下第二位の『梵天山古墳』と第三位の『愛宕山古墳』を訪れること。特に『梵天山古墳』は初めてなので特に興味深い。

 


那珂川洗海岸か涸沼川ら涸沼川・那珂川を渡り、最初の訪問地ひたちなか市『虎塚古墳』に来た。





虎塚古墳1虎塚古墳2古墳時代末期の築造で、全長57m。横穴式石室を持ち石室内の装飾が有名。





虎塚古墳4虎塚古墳3全のため内部の公開は春と秋の数日間のみである。

 残念ながら今は見学できない。





愛宕山古墳1塚古墳愛宕山古墳2から那珂川のサイクリングコースを経由して水戸市内にある『愛宕山古墳』に行く。

かつては周濠を配していたとされる墳丘長136mの巨大な古墳は、六世紀初めの築造で、被葬者は『仲国造』とされている。後円部には愛宕神社の社がある。



愛宕山古墳4愛宕山古墳3密集地の中にあり、しかもこれだけ巨大なので全景を撮れるスポットがない。

 




舟塚古墳宕山古舟塚古墳2墳からさらに西へ10kmほど行くと『くれふしの里古墳公園(牛伏古墳群)』がある。ここを訪れるのは娘が小学校に入る前以来だ。

くれふしの里古墳公園の南の低地に『船塚古墳』という80m級の古墳があるので先に立ち寄る。かなり原型を崩しているが

当時は牛伏古墳群とつながる巨大古墳群を形成していたのかもしれない。


 

『く牛伏古墳群3れふ牛伏古墳群2しの里古墳公園』には復元された園内最大の前方後円墳『4号墳』をはじめ16基の古墳が集中する。





牛伏古墳群6園中央牛伏古墳群4の巨大はにわ『はに丸タワー』は展望台になっている。






中に牛伏古墳群5はこんなはにわの顔がある。コインを入れると何かしゃべるはずだったが今は故障らしい。

忘れていたが、だれもいない薄暗い階段の途中でいきなりこんなものに出くわしたら少しビビる。これで目がいきなり光出したらどこぞの駅の巨大土偶みたいに子供が怖がってしまう‥‥。




4号牛伏古墳群1墳は公園正面にあり遠方からも確認できる。本来建造当時の古墳は周囲から認識できることが最大の条件であったろうし、それが巨大であるほどその地の首長の権力を鼓舞するものであったはずである。

 




側道れふしの里古墳公園から常陸太田市にある『梵天山古墳』に向かう。常磐道に沿って側道を走る。下り線側は車の交通量が多く怖いが、上り線側は人通りもほとんどない貸切CRである。多少舗装が荒いところもあるが、ほぼ快適に走行できる。点在する弁当の食い残しや不法投棄を見るとこの道の使われ方がわかる気もするが‥‥





側道梵天山7から梵天山1離れて久慈川を渡ると、低地田園地帯に梵天山古墳のある台地が見えてくる。

初代久慈国造舟瀬足尼(ふなせのすくね)を埋葬したとされる梵天山古墳は墳丘長151m。関東でも150mを超える巨大古墳は十指にも満たない中で、茨城では石岡の舟塚山古墳に次ぐ県下第二位の堂々たる巨大古墳である。


梵天山3梵天山4瀬足尼は政務天皇の時代の人物のようだが、古墳が前期型とすると舟瀬足尼は4世紀初頭の人物ということになる。伝承の域を出ないが、初期の地方古墳で被葬者の名前が特定できるケースは珍しい。




 

梵天山2梵天山6天山古墳は宝金剛院というお寺の裏手にあり、境内から階段が通じている。後円部には小さな社がいくつかあり広い空間となっている。後円部頂上から鞍部までは遊歩道のようになっているが、前方部へは草に覆われ道がない。冬場なら雑草がないので行きやすいが、やはりこの季節は古墳探訪には適さない。前方部への侵入は断念する。

 



梵天山か久慈川河口流れ橋久慈川右岸を河口の久慈大橋まで下る。やはりまったく運動しなくなったせいか、向かい風で20km/h巡航ができなくなった。テンパっている脚をだましだましR245を南下。





村松虚空蔵堂2本三虚空村松虚空蔵堂1蔵尊の一つ、『村松山虚空蔵堂』に立ち寄る。虚空蔵様といえば十三参りが有名。親父は十三参りは柳津だった。娘には十三参りをしてやれなかったことをちょっと後悔。

 

村松山虚空蔵堂を出ると最初の登りで久々の攣り、しかも両足一気。最近特に3階までの階段がきついなぁと思っていたが、車通勤は致命的であった。

近くのうどん屋で遅い昼飯。

帰路大洗海岸3は海沿いを走る予定だったが、起伏は避けたいので内陸のバイパスを通り海門橋に至る。阿字ヶ浦の海沿いコースは昼飯時も合わせて?捲土重来を期す。

 




大洗海岸4ってきました大洗海岸。

本日の走行97km。

車の走行は往復257km





ルートルート2回は140km走っても脚には来なかったのだが‥‥



 
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村