『外第五福竜丸2相会議』が広島で開催され、各国外相が原爆ドームを訪れたとか、『伊勢志摩サミット』で小浜さん??が広島に行くとか、何かと『非核』が話題になっている。
だからというわけではないが、最も身近な核のメモリアル、夢の島の『第五福竜丸展示館』に行ってみる。
休日には多くの人で賑わう夢の島公園。
華やかな熱帯植物園の裏手に、木々に覆われひっそり竚む展示館は、唯一の被爆国でありながら、核の恐怖と怒りを声高らかに唱えない日本を象徴している感すらある。




『第第五福竜丸5第五福竜丸3福竜丸』。この名前が脳裏に閃くのは、多分おやじの年代以前の世代の方々だろう。もちろんオヤジが生まれる以前の事件である。
まだ広島・長崎の記憶が癒えない日本人に、再び核の洗礼として当時大きな話題となり、同年封切りの『ゴジラ』誕生のきっかけとなり、『美女と液体人間』の被爆マグロ漁船そのものと言える『第五福竜丸』。




このよう第五福竜丸6に日本全土が注目した船であるから、そのままメモリアルとして保存されたかというとそうではない。
被爆後も練習船として13年間現役で使われた末廃船となり、現在保存されている夢の島に人知れず放置された。
朽ち果てた廃船が『第五福竜丸』と判明し、今の展示館に保存されたのは1976年になってからである。

資料館は本船の保存展示の他に、ビキニ環礁の水爆実験の写真やパネル。当時の報道記事や乗組員の資料当の展示がある。



第五福竜丸7第五福竜丸9示館の外には被爆から半年後に亡くなられた久保山無線長の記念碑があり、「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」という遺言が刻まれている。
後に無線長の死因は被爆とは直接関係ないという医学者の見解も出されているが、日本人としては、やはり死の灰の洗礼、水爆の被害者として脳裏を離れない。
また、展示館の敷地の隅には、築地から移植されたという『マグロ塚』がある。『原子マグロ』として遠洋漁業のマグロが一斉に廃棄穴埋めにされた。今で言う風評被害の先駆けである。
マグロ塚は食物連鎖の摂理に殉じられなかった魚たちへの鎮魂碑か、あるいは今でも風評という愚行を続ける愚かな人間への戒めの碑か。

第五福竜丸8示館正面には、別の船に移植された後、沈没により海底に没した『第五福竜丸』のエンジンが新たに引き上げられ保存展示されている。
その当時は、家の車と変わらない出力のエンジン。行楽地の遊覧船より小さな木造船体で往復10,000kmもの長征をしていたことになる。





非核兵器地帯マップ示場の最後のパネルは『非核兵器地帯』マップである。憤りに近いものすら感じるのだが、そのマップの中央にある日本は『非核兵器地帯』に入っていない。本来比較兵器地帯の盟主になるべき国家が、その宣言、条約締結すらしていない。兵器だけでなく全ての核を放棄している国々も多い。

広島・長崎に次ぐ第三の核の犠牲がありながら、唯一の被爆国である日本は、『第四の核の犠牲』を出した。3.11の福島第一原発のメルトダウンである。しかもこれは外から受けた加害的被害ではなく、自らが造り招いた被害である。しかもこれだけの洗礼を受けながら、日本は核の脅威を除くどころか意図的に再び繰り返そうとしている。これだけ愚かな国がほかにあろうか‥‥

人は第五福竜丸4自己の都合により、人災と天災を使い分ける。人は福島第一原発の惨劇を『人災』だという。それはある意味万能でない人間への戒めにもなる。但し為政者を含めた多く人間が、人間の過ちならば新たな枠組みで防ぐことが出来るという奢りの狂信者になっている。
天災による核被害は想定外である。だから想定外に対応する手段は、原発を動かさないこと、造らないことしかない。しかし、それを人災にしてしまったことで、規制と運用の強化で再発が防げるという、最も都合の良い愚行を平然とやってのけようとする。
京都議定書の目標遵守は重要である。産業界の競争力低下やエネルギー自給体制確率は確かに日本の最重要課題である。だが第五・第六の核の洗礼は、それらと比較をしていいレベルのものではない。

広島桜・長崎を繰り返してならないと叫ぶ為政者はどの面下げて福島は繰り返してもいいというのだろうか。
「原水爆の被害者はわたしを最後にしてほしい」という久保山無線長の言葉は、それから60年後に平和利用の名のもとに転用された核により無慈悲にも破られた。そしてそれはこのつぎも、そのまた次も破られることが前提になっている。
第五福竜丸は後世の日本人に何を訴えているのか。



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村