準夜サイコ勤と休日出勤、慣れない新任管理職が1ヶ月続き、寝不足と疲労極限の中やっとまともな休みが取れた。
1日寝ていたいところだが、なにか発散しないと余計疲労が増すので、嵯峨試運転を兼ねてポタに出る。
桜には早いが、桜の季節に休みは取れないので、早めの花見も兼ねて慣れた彩湖まで。
700Cの『TNI− LA22』のはじめての漕ぎ出し。
重たい!
小径車は漕ぎ出しが楽とは聞いていたが、559と比べても明らかに違う。ロードの出だしが遅いのも納得した。



荒川下流河川事務所内川CRを北上。今日はそれほど強くない向かい風だ。
走りなれた1本道だがとにかく重たい。最悪のコンディションもあるだろうが、20km/hの巡航が辛い。やはりハブをけちっているせいか。それとも上手ではないブレーキセッティングのため引きずっているせいか。

それでもいつもはローディーさん達に矢のように抜かされていくのだが、今日の人たちは比較的ゆっくり抜いていく。疲労困憊で気づかないのか、思っているより向かい風がきついのかもしれない。
こぐのがツライ代わりに乗り心地は良くなっていることに気がついた。空気圧指定上限の110PSIまで入れているのに、サスがついているように柔らかい。乗り心地に関しては『クロスライド×ロードランナー
』よりTNI− LA22×シュワルベマラソン』の方が快適である。クロモリフレームの真骨頂というところか。
岩淵水門の先、『荒川下流河川事務所
』の構内に先はじめの桜を発見。
いつもサイコ2のように秋ヶ瀬橋を渡り、さくら草公園から彩湖外周に入る。
彩湖の外周道路もまだ桜には早いようだ。







都市農業公園前見晴茶屋魔に襲サクラわれ最悪のコンディションが続くうちに正午を過ぎたのでみはらし茶屋に寄る。
おォ、もう咲いてるではないか。
多分早咲きなのだろうが少し花見が出来た。
みはらし茶屋で食事、混んでいるせいかなかなか来ない分ゆっくりうたたねできた。
黄色い花が綺麗。名前見てこなかった。菜の花じゃないよね。

飛鳥山公園のまま帰るのもつまらないので、少し寄り道。音無渓谷と飛鳥山公園を経由する。等々力渓谷とともに23区内で数少ない河川争奪の痕跡が残る音無渓谷だが、やはり桜には早かった。
飛鳥山に立ち寄る。フォト中央にいるおまわりさんは残念ながら『DJポリス』ではない。警官ではなく、その後ろの都電の新型車両を撮りたかったのだが‥‥





飛鳥山飛鳥山の古墳鳥山も桜には早いが、日当たりの良い場所でわずかに咲き始めている。
次回の日曜日は仕事が早く終わる予定。花見ができるといいな。
久々に飛鳥山の古墳を1枚。






サイコ行距離66km。普段はポタだが、今日のコンディションでは非常に辛かった。でもちょっと変。距離が少ないなぁ。彩湖往復は最低70kmは走るはずだと思ったとき、やっと気がついた。
‥‥「サイコンのホイール設定直していない」
‥‥
559と622ではタイヤ外周が約10%違う。トリップカウント上では66kmだが、ルート検索すると72kmだった。
行きの20km/h巡航は辛かったが実際は22km
/hで走っていたことになるわけだ。
みんさんが今日はゆっくりだったわけじゃないんだ‥‥

本日の走行 66km(メーター上)
        72km(検索値)

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村