購入から1年に満たない嵯峨。
26インチ仕様であることが条件で探したフレームであるが、衝動的に700C化に挑戦する。

寸づまりのロード系ジオメトリーが好きではないので我が家はクロス系とミニである。26インチに拘ったのは、極端に脚力がなく、こぎ出しの楽さを求めたこともあるが、ホイールベースが長く見え、バイクのシルエットがゆったりする視覚的効果が第一の理由だった。
700Cにしてみたのは、嵯峨はもともとツーリング系なのでチェーンステーが長く、700Cサイズにしてもゆったり感が損なわないこと。
もう一点はBBハイトがBMCやMR4にくらべて低く感じる点。ペダルの最下部のクリアランスがないからカーブが怖い。38〜48標準のタイヤサイズに28を履かせているから尚更であった。

700C化ベースとしてチTNI AL22+Shuwalbe marathon 28cョイスしTNI AL22たのは『TNI』の手組ホイール。ほぼ衝動買いだが、購入直前でシマノのスーパーコスパホイール『WH−RS21』との一騎打ちとなった。性能・デザイン的好みともに『WH−RS21』である。スポーク数が少ないほうが精悍であるというジンクスに縛られたおやじに16本と32本の選択なら迷う余地はなかったはずなのに‥‥
しかし今回は
『TNI』をクリックした。嵯峨のクラシカルなデザインならTNIの方が似合うかもということと、32本の方がホイールが柔らかく乗り心地が良いだろうと思ったことによる。やはりもう年である。

700Cと26インチして大きな魅力はその意外な軽さ。
スーパーコスパホイール『WH−RS21』は1850g、エントリー最軽量クラスの『マビッククロスライド』が1700g。通販では両者より低価格帯のTNI− LA22はなんと1674g。クロスライドよりも軽いのである。11速が不要であることとリアエンド135mmという点も考慮した上での衝動?買いである。
ブは『FH−TX800グレードはTOURNEY−TX。廉価版クロスによく使われる、シマノトレッキングコンポと呼ばれるグループのブービーブランドである。ここだけは2〜3千円UPしても上位クラスにしてもらいたかったところである。
さすがに回転は確か良いとは言えない。
慣性では24インチの『A−CRASS FOREX24』や『
MAVIC CROSSRIDE UB』には及ばないのはやむを得ない。
でも、どうせだったら「おじさま
にとっては『ターニー』よりやはり『クラリス』だよねェ。
 
タイ
チューブとリムバンドSCHWALBE MARATHON 700×28cヤは『シュワルベマラソン700×28C』。クロスバイクの定石のようなブランドを一度は試したかったし、ハイプレッシャータイプであることと耐パンク性にも定評が有る。
タイヤパターンはかなりごつい。ビットリアラクゼムと幅は同じ28である。フルスリック拒絶症のオヤジにとってはこのママチャリのようなタイヤは妙に安心感がある。
但し重量はホイールの軽量化分をカバー??して余りあるが。


RIDEA CNCイールとタイヤを購入したあとで悩んでしまったのがブレーキ。
『ベローチェLINEAR PULL カンチブレーキ』は当然そのままでは使えない。『700Cトランスファー』(マンハッタントランスファーっていう懐かしい名前を思い出す)を使うのが手っ取り早く確実な定石。ブレーキブースターの機能もプラスされるメリットがある。
しかしアルミMTBにならよく似合う700Cトランスファーだが、クロモリツーリングフレームには少し無骨過ぎる。今回はTS−7で使用したリディアFLVと、MR−4で恐怖の体験をした最強アシマを(懲りずに)チョイスすることにした。




『アシアシマ+シマノアシマ!!AP72CV−M−HU−AL』のシューはストック分と交換。けして770円の制動力を疑ったわけではない。単に黒の方がすっきりしているだけの理由である。770円のカートリッジシューと1,200円のそれとで150%も性能がいいとは思えない。





『リトラベルエージェントディアFLV』はロングアーチだが、ディズナJリーチレバーでもそのまま引くことができる。但しフル制動すると引きしろをまるまる使ってしまうので、引きしろを変えるためトラベルエージェント(注:この場合、旅行代理店という意味ではない。このパーツを使ったからといって楽に旅行ができるというものでもない。)というパーツを使う。数種類出ている中で最も安価なのが、ミスターコントロールの『Vブレーキコントローラー』。ストックがどうしても見つからず再購入。1,060円。
こんな簡単なパーツで引きしろが解決できることはTS−7で検証済みである。但し初期制動はV特有の鋭い効きが劣ってしまうので注意。



700フロント変更後Cのホイフロント変更前ールはイメージよりかなり大い。24インチのFOREXと26インチのクロスライドの差は39mmだがクロスライドと700CのAL22の差は63mmある。インチ表示なら同じ2インチの差なのに、これほど違う。ただしフォークのクリアランスはぴったりとなった。クランクの最低地上高が確保できたことは安心材料である。




saga700c1リア変更後リア変更前ディアの質感は高いが、全体的にクラシカルなイメージの嵯峨にはやはりベローチェの方が似合う。全体的にキャンディーレッドのアクセントに統一しているのでレッドのブレーキは危惧された違和感はなかった。
 




saga700c2が家の自転車の最大のご自慢パーツ『ベローチェLINEAR PULL カンチブレーキ』が予備役になってしまうことは唯一の遺憾だが、BMCのフレームが健在であり、クランクセットのみ揃えればもう1台組める状態にもなっているので登板の機会は必ずある。

700C化の印象としては、一言で言えば『ごく普通の自転車』になったという感じである。
転勤により自転車通勤から長距離車通勤になったため、通勤バイクの地位を失った嵯峨であるが、「スーパーでママチャリと戦えるショッパースポーツバイク」という我が家のバイクコンセプトが後退してしまうことをカバーできる乗車感が得られるかが期待どころである。


にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村