現在我が家で唯一のキャリパーブレーキはテクトロ420A。
Vブレーキ至上主義者だからというわけではないが、キャリパーってこんなものだと我慢していたがやはり効きが悪い。いくら力を入れて握っても効かないのには疲れてしまう。
効かないことが致命的かといえばそうでもない。致命的になるようなスピードは出さないから‥‥とは言えちょっと手に酷すぎる。

アシマューは昨年交換した『ASHIMA』。420Aとのコラボはおそらくファイヤーフラッシュの逆噴射+高速エレベーターカーの全制動並みの最強コンビだろう。
そこで、とりあえずそこそこお手軽で期待できるものというと、『テクトロ』→『105』というのがブレーキグレードアップのキーワードのように謳われている。やはり定石なのであろう。






BR5800セット入したのは新型シマノBR−5800キャリパーブレーキ。2個セットで、1個当たり3700円ならべらぼうな値段ではないのでU品ではなく新品にした。
『SLR−EV』、それまでの5700系とは構造自体が刷新されているとのことで、引き量も少なくなっているとのことだ。同じレバーで引くとかなり強烈な効きになるらしい。尤もテクトロブレーキとの比較ではないので『テクトロRL341』で引いた場合どうなるか不明だが、それでも「V」以上の効きになることはないだろう。




ブレーキ交換ャリパー交換は初めて。バイブルのメンテガイドはMTB用なのでキャリパーブレーキの交換調整は載っていない。まあ基本はセンターボルトの着け外しだし、ブレーキセットの中には複数の固定ボルトがあるので長さの合うものを選べる。







BR機種比較裏−58機種比較00はかなりごっつい。色はシルバーだが、若干チタン系。単体の質感はとても良いが、ポリッシュシルバーの車体とは少し色合いが違ってしまう。柔らかい基調(実際素材も柔らかいから効かないのか)の420Aと比べると、いかにも無骨で戦闘的なデザインである。まあ何でも効きが良くなればいい。




クリアランスイヤのクリアランスも十分。420Aよりも余裕があるくらいだ。








セッティングブレーキシューチュナーり付けに際して、今後のこともあるので新兵器を投入した。
TACXブレーキシューチューナー。これをリムに挟むと均等で適切な間隔をセットできる。しかもトーインの調整まで出来てしまう便利ものである。
でも、微妙な隙間の調整が必要なロードには向かないかも。最後は素手でワイヤーの遊びを調整。




UFO型アジャストボルト正の黒いアジャスターボルトではアウターキャップが大きすぎて入らないので、ここはテクトロのUFO型アジャスターを使用。








BR-5800FBR-5800R着完了。レバーのタッチはぐっと軽くなった。室内で回す限りは制動感は確実に上がっている。引き量はむしろ大きくなった気もするが、バネ強度が違うのか、戻りが確実になった。

これで少しは毎回の握力検査から解放されるか‥‥




早速試走
105R待に反して、普通に街中での速度調整などゆるい低速状態ではほとんど変わらない。ここがメインユースなのたから、街中での使用感はあまり変わらないのはちょっと落胆。
しかし違いは直ぐにわかった。高速からのブレーキングは同じ力で握ると制動力が違う。特に上ハンでのブレーキングに握力検査並みの力が不要になった。確かに街中の制動でも、完全停止の際の最後の気合のひと握りが不要になっていた。
期待していたロードレバー+ミニV並みの強力な制動には及ばないが(というかVブレーキはあるところから一気にロックしてしまう効き方)、420Aより確実に制動力が上がっている。とくに急坂での制動距離の違いは一目である。引く量によって比例した制動が得られるという感じ。
車ならABSが付いてるって感じか‥‥


飛ば105Fさないから制動はそこそこでいいと思っていたが、大きな制動力
が必要な時ほど楽になったという点では、効果大のようだ。
如何にも後からつけましたよ〜ぉというような微妙な色の違いが少し気になるが‥‥。



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村