オーsoma-frm-sagaダーしていたフレームが届いた。『ソーマ・サーガ』。SOMA FABRICATIONSというカリフォルニアのメーカーがプロデュースするクロモリツーリングフレーム。







クロモリタンゲプレステージ フレームは学生時代のランドナー以来、何と40年ぶりである(ハイテンスチールは何台も乗ったが‥‥)
フレームには『タンゲプレステージ』のロゴシールが貼られていた。専門ではないので意識しなかったが、フレーム素材としては1級品とのことである。
納品時にショップで組んでもらったヘッドセットも『タンゲ』。特に語呂を意識したわけではないが‥‥





AC02 1嵯峨1ズは“47”。正確でないにしろ、フォーク・ヘッドパーツ含む単体重量は実測値約4,600g。AC02アルミフレームと1,000gの差がある。ツーリングフレームとして不可欠な堅固さの為だろうが、これって結構重い(BMCの3.6kgもロードバイクと比べたら重いけど)。
デザイン的にもクロモリのシャープでスレンダーなイメージはなく、見た目の太さはアルミフレーム並である(個人的にはそれが好みなのだ‥‥)。



フレーAC02 2SAGA 2を並べてみる。BMCのTTは565mm。これで適応身長160〜170cmなのだ。オフセット0mmポストと70mmステムで乗っていたが、それでも前傾がきつい。
SAGA“47”はTT長517mm。BMCより48mmも短い。適応身長は謳っていない。体に合わせろということだ。ホイールベース長はSAGA1,030mm。AC02と10mmほどしか変わらない。
ロードバイクの標準的サイズと比べても明らかに長い。クロモリとあいまってソフトな乗り心地を期待したい。
でもどうして自転車のサイズって今だにチートチューブ長で掲示されるんだろう。水平トップチューブ長のが大事じゃない?
これで苦労してるんだし。

まあ、これからゆっくりと組んでいく。

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Google翻訳では、何故か『相馬 佐賀』になる。どうせなら『嵯峨』がいい。『嵯峨天皇』のファンであるから‥‥。
車が『枯野(KARANO)』だから自転車は『神野(KAMINO)』で語呂がよかったりして‥‥。