「この歳まで、しかも東京に住んでいながら、今まで一般参賀に行ったことはない。これはもはや不敬罪である。」
と言って初めて一般参賀に行ってから丸3年。前回は位置が悪く、皇族の何方も拝謁できなかったので、不遜ながらリベンジに行く。カミサン・娘は家で食っちゃ寝。全く不敬罪である。(もっとも家族で来て銀座で食事などとなったら、もっと不経済であるから、家長一人で自転車で来るのがやはりいい‥‥)

帝劇日は、何時も停める外苑まで自転車を乗り入れることはできないので、フォーラムのあたりに路駐する。
皇居に向かう途中で人の列。帝国劇場で『JOHNNYS 2020 WORID』とか何とかを上演しているようだ。
『今日は帝劇、明日は三越』のキャッチコピーにもなった帝劇であるが、見ていると三越の客層とはだいぶ違う気もする。
時代かねえ。





伏見櫓て、不手荷物検査謹慎にも寝過ごしてしまったおやじは、フォーラムについたのが10時50分。何とか3回目のお出ましに間に合うかと思っていたが、手荷物検査とボディチェックにディズニーランドよりも待たされた挙句、宮殿東庭には入れたのは、3回目のお出ましが終わるころ。





3回目の参宮殿東庭賀を終えて帰る人の流れにはまってずるずる歩いていくと、意外にいい場所に漂流した。
この結構寿司詰め状態で、90分の立ちんぼ。







しかし今回は見られた待った甲斐あり。今回はお出ましの皇族方のお顔をすべて見ることができた。








一気にこれ回はお言葉を頂戴陛下の声しか聞こえなかったが、今回はお顔を見ながらお声を聞けた。
そしてこの後、例の「万歳〜!」と歓呼の声。あっという間に視界が白と赤に埋め尽くされる。
なんとも平和な国であることに感謝!




まるで観光地出ましの時間は10分足らず。しかし今回はリベンジなって(不謹慎な!)満足して東庭を出る。
坂下門を出ると、手荷物引き渡し場の並びにあるのは何だぁ。
お土産売り場がずっと続く。
観光地か!ここは。

 



TOKYO−TOWER1りはちょっと寄り道して、東京タワーを一枚。展望台に『2014』の数字が浮かび上がる。夜はさぞ奇麗だろう。
巷では長期正月休みといわれながら、仕事が入り、金欠も重なり何処へもいけないおやじであるが、久々に都内をポタして少し正月気分を味わった。

浮ついた連中が「変革変革」と、初めて言葉を覚えた赤子のように連呼するほど、一般庶民は『変革』なぞ求めない。今年も平穏無事に過ごせる年であることを祈る。



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村