もう、必要な歳でもあるまい??
何のこと?
否、この歳になってはじめて自宅でチャレンンジ。コラムのパイプカットである。
先日、悟った(SATOった)ばかりであるが、“サトリ”を継続するためには“パイプカット”が必要なのだ。まあ、煩悩を絶つには一番だね!?
コラムにショートステムを直付けするとハンドル高が低くなりすぎるので、『サトリ/HEADSUP−2』を加工して咬ませたが、今度は高くなりすぎた。コラァ、ムカッとするぜ!?
そこで、もともとあまらせていたコラムのトップを10mmほどカットする。
コラムカット1コラムカットには問題点が2つある。ひとつは元に戻せないこと。これは当たり前だが、これを前提に始めないと後悔に苛まれる事になる。
コラムカット2
まず、ノーマルの状態でカットの位置を決める。
ステムは仮付け状態。
コラムの中はこんなふう。

コラムカット2−1一般的にはコラムカットは、フォークをフレームから外すもんだろうが、工具も時間もないので車体に付いたままオペをする。タイヤを外したのには訳がある。
さて、コラムをカットする前に、先ほどの2つめの問題、スターナットの位置の修正が必要となる。ただ切るだけではないのだ。圧入工具がなくてもできる方法は先達諸兄のプログが教えてくれる。
勿論、自己責任での引用である。

コラムカット4コラムカット3り出したのはトランジットセブンにKHSのコラムを取り付けた際に使用した延長キャップボルト。
これを股の下の穴から、スターナットに逆に回しこむ。(何か今回はいやらしい‥‥)



手で締めコラムカット5こんで、頭が出たら、股に差し込んだナットをじわじわと締め上げる。
するとスターナットが、徐々に下にずれていく。10mmずれたら、下のナットを外して、ロングボルトを手で緩めて外す。
ブログでよく紹介されている裏技だ。圧入工具がない場合、上部にボルトを逆さに当ててステムキャップで固定してトンカチでたたく方法も紹介されているが、コラムカット6車体装着のままなので、車体へのダメージやスターナットが傾斜してしまうリスクを考えると、こちらのほうが堅実である。
写真では解りづらいが、もともとスターナットが固定していた位置の線が見えている。

ここコラムカット8コラムカット7らがカットになる。
散髪屋で毛髪が衣服等に付かないよう、『散髪マント』をするようにヘッドパーツ周囲を養生する。
位置を決めて、ハンドカッターを回す。この手の材質は比較的歪まず綺麗にカットできる。勿論プロはこんなやり方はしない。‥‥たぶん。


切っコラムカット9たあとは鑢でバリを取って丸みを持たせるのは当然だ。バリで手などを切らないための安全対策だが、同時にコラムや取付ステムへの削り傷防止にもなる。
前回『サトリ/HEADSUP−2』を加工して50mmUPにしたのだが、なぜか『HEADSUP−1』がでてきたので、こちらを使うことにした。我が歴代の自転車は全て1回は悟って(SATOって)いるのだ。


コラムカット9−2コラムカット9−3これでハンドル高91.5cm。今までのハンドル高のままで、2.5cmハンドルバーを手前にずらしたことになる。
コラムのショートカット(と言うよりシロートカットというべきか?)完成である。
せっかくだから、高そうなイーストンのステムも正常位??にしておけば良かったか‥‥!!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村