また娘とポタリングに行く。
天気はよく暖かいので前回より更に足を伸ばして辰巳の森(家から7km)まで行くことにした。
このごろ自転車にも慣れたのか、娘は橋などの坂道も登りきるようになった。信号で止まり、ジュース休憩を入れて1時間掛か らないのでいいペースだ。横十間川・仙台掘川親水公園を経由して洲崎(古いな)からループ橋のしおかぜ橋・S字の漣橋を経由して辰巳の森へ。
娘とバトミントンやキャッチボールをするつもりで遊具を持参したが、アスレチックを見つけると親をそっちのけで遊びだす。
とりあえず自転車の前にレジャーシートを出して一服、遊ぶ娘と自転車をぼうっと眺める。やっぱりKHS/F20ASの延長コラムは少し長すぎるかなぁ、もう少し短いの探すかぁ‥とかあくまでもストレートのポストに拘ってみたりする。09042901
娘の自転車はあさひのラブソニッ ク。当初はBSかパナソニックにしたいと思ってい たが、娘がとにかく早く乗りたいというので、店頭にあったものに即決。当初はやっぱり小さいのがよかったなどといっていた が、いまは慣れて娘のお気に入りとなった。リムダイナモだけは重くて暗いので、ママチャリにつけていたお古のパナソ ニックLEDに交換。夜はあまり乗せないが、悔しいことに我がTS−7のLP−M300より明るい。

娘が趣味の石集め(変な趣味か)に没頭している中、ふと2台ならんだ自転車を見ていると、ラブソニックのタイヤが妙に大きく見えた。TS−7・ラブソニッ クともに20インチ、リム形状の違いかなとも思ったが、よく見るほど違う。タイヤに近づきサイズを確認。37−451もしかしてWO規格?09042904

興味ない人にはどうでもいい、というよりむしろ紛らわしい規格だが、一瞬頭ががーんと来た。無知な自分は、20インチ車で の451規格のホイールは欧州の高級なスポーティモデルにしか使われていないとばかり思っていた。自分にはステータス的存在だった。まさか2万円しない ジュニア車に使われているとは‥‥

どれで20インチのはずなのに「この自転車大きすぎる」といって泣いた娘をしかった自分が情けなく思えてきた。確 かに普通の22インチジュニア車と車格もあまり変わらない。

09042907 冷静に考えれば451と406の違いは欧州とアメリカの規格の違いだ。 元々英式・仏式バルブが主流の日本であるからホ イールだけ米国規格が主流というのも変なのかもしれない。ロードバイクやクロスタイプではWO規格車が結構普及しているし。ママチャリ・ジュニア車といえ ども規格はばらばらなのが自転車の現状なのだろう。

とはいえ自分としてはなんとなく悔しい気分だ。何かラブソニックが急に高級に思えてしまう自分の先入観と無知に嫌悪。

まあ考えようによっては406 20インチ車より長く乗れるのかなぁと無理やり納得。でもタイヤ交換のとき困らないのか なぁなどと愚考。
帰り道はいつになく娘に遅れをとった。おニューのヘルメットにリックを背負った娘は父よりよっぽどラシイ格好だ。「お父さん遅 い!」と文句を言われたのは娘が急に高速走行をするようになったからではない。なんとなく悔しい406。


にほんブログ村  自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村