この年になると 誕生日に何をもらえるでもないし、別にほしくもなくなったが、今回は誕生日に合わせて自分でプレゼントを買った。

TS7をアヘッ ド化するためのパーツ一式(と言っても元々アヘッド式ハンドルポストだが)。KHS F20−AS用折りたたみコラムポスト・BBBハイシックスステム・ クワハラマルチプレッシャーアンカー・コラムスペーサー。

TS7はヘキサ ゴンフレームを直角に結ぶ美しいHフレームが魅力であるが、あのハンドルポストの湾曲だけがゴシック調Hに似合わない気がしてならず、直線ポストにした かった。

KHSのコラムが合うかはある程度冒険だったが、規格が共通なのでたぶんいけると踏んだ。ステムもポジションが多少変 えられることとミニベロの中には可変式ステムを採用している車種が多いのでチョイスした。トップキャップをマルチプレッシャーアンカーで固定。無事誕生日 に全て揃った。transit7 japan

しかし、手にして初めて気づいたが、KHSのポストはかなり重たい。 可変式ステムが280g。先に組み付けたハブダイナモ、ダブルレッグスタンド等で総重量1.5kg 近くは重くなってしまう。
とにかく取り寄せてしまったのだから付けてみよう。こちらはまるで純正のようにぴったりとはまった。ハンドルが高めに なってしまったが、スタイリングも端整なゴシック調H?になって正解。持ってみるとやはりフロントヘビーを意識せざるを得ないが、乗ってみるとさほどの重 量感はない。ポジションもノーマルより僅かに高めでファンライドするにはいい。まあ合格か。重量化のハンデは老朽化しているメタボエンジンを何とかチュー ンナップすることでカバーすることにしよう。


最後にワンポイントで日の丸ステッカーをフレームに貼る。ちょっぴりモールトンやKHSにプ チ対抗してみた。実はこれが一番気に入っている。最近ミニベロに興味を持ち出したばかりだが、小径車は外国車が主流だ。一部マニアックに異彩を放つ機種も あるが、総じて日本のミニベロは元気がない。外国車といえどもコンポーネントは日本製が多いのに、本家本元の日本の自転車メーカーにはもっと頑張っていた だきたいものだ。

にほんブログ村  自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村