幕張海浜公園家族より近頃朝練と称して、実は自分の買物やお茶飲みに行っているとの誹謗中傷を受けている。いつも出かけるなら帰りに買物して来いといわれるから、ついでにお茶してくるだけなのに‥‥
で、今回はちょっと困った買物。明日の日食に備えて日食めがねを買ってくる。
昨日すでにスーパーを梯子して全て売り切れといわれている。
朝らんの帰りに見つけてこなければならない。
幕張の海ブルホーン化の試運転を兼ねて今週の朝らんは幕張へ行く。我が家から海浜幕張までは、湾岸経由で27km。往復では朝らんに丁度いい。わざわざ途中のCVSで1品買いをして、都度日食めがねの在庫を聞く。
ほとんどのチェーンで取扱いがあったようだが、案の定すでに完売。CVSなんかじゃあまったら赤になっちゃうだろうからね。7時20分に出発して9時20分着。都度都度梯子していた割にはいいペースだ。
幕張??コース??供のころはこの辺は全部干潟で、潮干狩りのメッカだったよなぁ。
公園のキャンプ場をうろついていたらMTBコースを発見。柵もなければ受付もない。フリーで走れるのかね。このタイヤじゃ無理だけど。
この風景はメッセやホテル街のある新興都市の隣接とは思えない。仕事やメッセイベントで来るだけじゃ解らない一面だ。
帰りはららぽ周辺をうろつくが、やはりめがねは入手できず。
朝らんだから当然お昼には帰宅だが、娘が朝から猿江恩師公園の子ども祭りに行っているので、そちらに合流。
こどもまつり都会とは思えない天気もよく大反響だ。ママチャリとジャリチャリが大渋滞。臨時駐輪場でなるべく駐輪の少ない場所を選ぶ。ここでは自転車の傷を気にする輩はアホ扱いされるのた。
合流のため娘を探す。ここも都心とは思えない景色がある。
やっと娘仲間たちに合流。
めがねの話をしたら、娘の友達に「昨日の夜、錦糸町のヨドバシでたくさん売っていた」との情報を得る。
「灯台下暗し」とはこのこと。ネットに乗っていたあのキャラもの‥‥小学生にまで高いし、恥ずかしいといわれていたあれだが、今日もすでに13時近い。過度な期待はせず行ってみる。

日食めがねなんてことはない。入口でゴンドラ販売されている。
ボール紙とセルロイドで十分なものだ。2〜300円なら2つ3つ買うんだが、たった1回で1,500円はばかばかしいし、こんなデザインは必要ない。
その中で、あえて火の鳥を選んだのは勿論、黎明編で邪馬台国滅亡につながった日食に引っ掛けたものだ。騎馬民族来襲や日食と卑弥呼の死など、当時の最先端の学説をダイナミックにストーリーに盛り込む手塚治虫先生はやはり凄い。
1個だから娘に渡したら当然親父は見れない。300年後の楽しみである。

走行64km

にほんブログ村  自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村