前回スプロケ交換のツーリングで一番ネックだったのは坂道で伸びきっちゃたこと。
以前よりローがもっと欲しいとは思っていたが、MR−4Fのノーマルギア比は、トップ/4.42、ロ−/1.5。回転距離としてはトップ7.9m/1rpm、ロ−2.7m/1rpm。持病持ちポタリストにとっては結構半端ではないマッチョバイクだ。
衝動的に買ってしまったU品105クランクはPCD130。バッシュガードはそのまま生かせたが、今以上にロー化(老化じゃないぞ!)ができないので、リアをワイド化することにした。トップ入替

エントリーするのはCS−HG50−8iとRD−M410−NS。
ディレィラーはMAXギア設定をオーバーしてしまうための交換で、アリビオは8速クロスバイクのグレードとしては最も上級。まだ前後のバランスがおかしいが、これでも標準の2300よりは多少価格帯としては上だ(それなりの人からはどんぐりの何とか‥‥と言われるが)。
倒立ができました!スプロケもアリビオグレードだが、トップ11Tでは回転距離が8.46m/1rpmとノーマルよりマッチョになってしまうので、トップだけ12Tに自主交換する。

今回は玄関ファクトリーではなく、ルームファクトリーへ。
初めて逆立ちができました。おめでとう!


スプロケ回しとロックリングリムーバー今回工具の工具。我が家もだいぶ自転車工具が充実してきた。
スプロケ組換えは今回初めての作業。
リアホイールを外してスプロケを外す。
難しい作業のイメージだったが、あっさりと外れて拍子抜け。


HG50&PG850 1標準スプロケットはスラムPG850。
NET価格を調べると5,480円。
‥‥スプロケ5,480円??!。アルテグラ並!。105スプロケより高いなんておかしくない‥‥?。
標準の他のパーツグレードから見たら、精々2千円くらいのものだよなぁ。

HG50&PG850 2HG50はロー側6速までが一組だが、PG850は7速までが一組になっていた。
トップギアは組付け上は、どちらをつけても同じだった。
重量は実測223gと328g。HG50は見るからに重そうだが、裏を見ると一目。ロード用とクロス(MTB)用の違いか?
それとも本当に値段の違い??。+105gは大きい‥‥
PG850、裏から見ると本当に?高そうに見えるから不思議。

HG50取付HG50−8義着。数値上はトップ7.8m/1rpm、ロ−2.3m/1rpmと改善する。あまりワイド化するとギアチェンがスムーズでなくなるのでこの辺が限度だろう。
そういえば、ノーマルホイールについていた『スポークプロテクター』がFOLEX−24Rにはない。
あれは昔から、ハブとスポークの汚れ防止だとばかり思っていたが、安全装備だと知ったのはつい最近。
‥‥素人セッティングには必要だったりして‥‥!


にほんブログ村  自転車ブログへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村